ゴルフマップ > ゴルフに関する記事・ブログ

 アンラッキー

得意先のコンペでホールインワン!

得意先のコンペでホールインワン

もう7年ほど前の出来事です。
毎年恒例になっていた、得意先でのコンペに参加。私は参加し始めて5年ほどになります。
一応、私はハンディキャップ8のシングルプレーヤーだったので、いつも優勝候補と言われていました。
実際は新ぺリアなので、ハンディが付かず10位から5位くらいのところでウロウロしてたので、ニアピンやドラコンを狙うと言ったところです。

開催されたコースは、茨城の名門で男子プロの試合も行われる宍戸ヒルズカントリークラブ。2週後にプロの試合があるとのことで、一般のお客様はその日が最後と言うようなタイミング。
ラフは調整中で見た感じは10㎝くらいあり、5月だったのでラフに入ればショートアイアンしか使えないようなコンディションです。でもフェアウェイは絨毯のようにキレイです。

その日は割と調子良くラウンドしており、インスタートの前半でハーフ38。
レストランではいつものように得意先のメンバーから「仕事してんのか!」「練習しすぎだぞ!」とヤジが飛び、和やかに昼食のひと時を過ごし、調子を維持するために運転手はいましたが生ビールは我慢。


そして後半戦のプレー開始。アウト1番は残念ながら4パットしてしまい、あえなくダブルボギー。
気を取り直し、2番145ヤードのショートホール、冗談で「ダボを帳消しにするから、ここは予告ホールインワンだ!」と告げ、キャディーさんにもよく見ておくように言いました。

4~5ヤードの打ち下ろし、若干左からの横風、9番アイアンを選択、いつも通りのルーティンで打つと、持ち球のドローで左からの風と相殺されて、ピン方向に一直線。
自分では、手前1mのベタピンでバーディーチャンスと思い、視線を切りカートに余裕しゃくしゃくで戻ろうすると、

「入った、入った!」とキャディーさんが大騒ぎ!
同伴者も同様のリアクションです。グリーンを見たら自分のボールが見えません。

なんと人生初のホールインワン。しかも得意先のコンペで。

嬉しさよりも「どうしよう」という感情が…。
保険には入っていたものの、30人分の記念品、ゴルフ場、キャディーさんとの書類作成、などなど頭に思い浮かび、逆に後半は46と大崩れ。
しかし、表彰式の際に得意先の取り計らいで、急きょ記念品をいただきました。

翌日からは保険のためにゴルフ場とのやり取りが…。
結構な書類の数で、保険が下りるまでは約2週間。
そして記念品を発注して3週間後には参加者全員に渡し終わりました。

最後にこの件が社長にバレて、得意先のコンペでホールインワンを出し、しかも記念品までもらって来たことで大目玉を食らいました。
翌年からコンペでのホールインワン禁止命令が、、、
狙って出るものではないのですが…

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードでゴルフショップを検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
九州・沖縄

ゴルフに関する記事・ブログ

ゴルフに関する記事やゴルフショップを実際に利用した体験談、ゴルフ練習場施設の特徴など、ゴルフについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら